▼我ふと思ふ▼

サイト上の裏話や日常の出来事を綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

すのこ棚。

ふと思い立ってリビングを片付け始めた頃、ネット検索で知った、すのこを使って作る棚がコストパフォーマンスが良く、簡単に出来ると知り挑戦してみたんですが、これが結構楽しくて。

自分の備忘録と、これからすのこ棚を作りたいとお考えの方の参考になればと思い本記事を書こうと思った次第。

作り方は簡単。
すのこを買ってきて適当に組み立てるだけ。
一行で説明出来る程度の簡単さですが、それだけではやっぱりチープ。DIYで作るんですから手間を掛けて良いものを作らないと、と言う訳で細かい手順も含めて書いて行きたいと思います。

まず材料のすのこ。
小型のものは100均でも売っています。
今回のものは5枚使用しました。



後は木工用ボンドと釘。釘は長さを計算して買う必要があります。すのこを組み合わせてみて必要な長さの釘を買いましょう。釘の材質は色々ありますが、真鍮製がオススメ。組み上がった時の見た目がアンティークぽくて良い感じです。強度を優先するなら鉄の釘を使いましょう。

次は組み立て。
すのこを木工用ボンドで組み合わせていき、釘で固定していきます。



今回は感じの「日」の形に組みました。
木工用ボンドを塗り、すのこを重ねて釘を打ちます。釘が曲がらないよう注意しながら打ち込みます。久々の釘打ちに子供の頃を思い出します。

形になったところで紙ヤスリで表面を慣らします。120番程度の紙ヤスリを使い、すのこの毛羽立ちを取り除きます。

その後、着色を行います。
今回は水性着色ニスを使って簡単に着色しました。使用したのはコレ。



コーナン製の着色ニス。
これをハケで塗っていきます。
上側の塗りにくい所から垂れないように注意しつつ塗っていきます。

1回目の着色が終わったらしばらく乾燥させ、その後320番程度の紙ヤスリで表面を磨きます。この作業を怠ると仕上がりに差が出ますよ。磨き終わったらまた着色ニスを塗っていきます。乾けば完成です。



良い感じの色になりました。
元が100均のすのことは思えませんよね。
このすのこ棚はマガジンラックとして活用してます。



その後、ダイソーで見つけたキャスターを底に取り付けました。



これで100円は安すぎ。
こんな感じで四隅に取り付けました。



これで掃除の時にも移動しやすく楽になりました。
材料費は全て込みで1000円ちょっと。
安くて簡単に自分好みの棚が作れました。
この後、調子に乗って大きなすのこでも挑戦してみました。



これには時間を掛けて塗装したのでとても綺麗に仕上がりました。



こちらはコーナン製のすのこですが材料費は1000円程度。本当安くて簡単に素敵な棚が出来ます。
あまり重たいものを置くのには向いてませんが、 激しくオススメです(*^^*)
スポンサーサイト
  1. 2014/03/18(火) 01:54:58|
  2. 日々の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://komocikspace.blog69.fc2.com/tb.php/110-1f5d9e60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。